工場の生産ラインにおける検査に問題が見つかり、お困りのお客様は「フロンティアシステム」までご相談ください。

  • 自動車業界(革・生地)
  • 化学業界(フィルム・樹脂)
  • 不織布業界(医療関係・おしぼり)
  • 建材業界(壁紙)
  • ガラス業界(液晶)
  • 検査システムの課題やお悩み
  • 検査システムの課題やお悩み

弊社は、上記の業界を中心とした、工場の生産ライン関係者様へ、検査装置を使ったソリューションをご提供します。まずはお気軽にお問い合わせください。

生産ラインの検査でお悩みではありませんか?

検査システムの高速化がしたい

検査システムの高速化がしたい

生産スピードを上げるためには、検査システムの高速対応が必須です。しかし、当然高精度かつ高安定でなくてはならない……。こうした要件を満たすフルオーダー品を受注してくれる会社はないものか……。

難素材対応の検査装置が必要だ

難素材対応の検査装置が必要だ

ガラスや不織布などは難しい素材であるため、現在は目視による検査を行っているが、コストがかかって頭が痛い……。なんとか自動化をと考えているが、こうしたオーダーにも答えてくれる業者がなかなか見つからなく、依頼をしようにも断られてしまう。

スピーディーなサポートをして欲しい

スピーディーなサポートをして欲しい

韓国や台湾、東南アジアなどに工場を有しているが、こうした地域でも対応可能な会社を探している。ただし、検査システムの故障は生産ライン全体に影響があるため、スピーディーな対応が条件として挙げられる……。

検査結果から分析・解析がしたい

検査結果から分析・解析がしたい

欠点の検出ができるのは当たり前。それだけでなく、検査結果の情報をログに残せて、後から閲覧・分析ができるようなシステムをワンオーダーで受注してくれる業者に依頼したい。

矢印

フロンティアシステムが画像処理検査で解決します。

エリアおよびライセンサが撮像した画像を基にさまざまな処理・解析を実施。その上で、欠点検出を自動的に行えるシステムのことを画像処理検査と言います。人的コストを削減できるだけでなく、目視では難しいような検査や処理が実現できるため、精度向上や作業効率化にも役立ちます。

画像処理検査の仕組み

STEP 01
照明装置から検査対象物へと光を照射
STEP 02
反射した光がレンズを通してライセンスカメラに取り込まれる
STEP 03
CCDまたはCMOS素子が受光した光データが輝度と色相で分けられ、画像データになる
STEP 04
画像データが画像処理ボード搭載検査ユニットに転送される
STEP 05
画像処理ボードで演算処理された結果がサーバへ転送される
STEP 06
モニタや外部出力で、結果を表示する

画像処理検査の優位性

画像処理検査は人の目の代わりになるだけでなく、それを大幅に超えるメリットを持っています。

分解能 人の目では捉えられないミクロン単位の欠点を検出し、高度に分解できます。 画像処理検査の優位性
記録 検出された箇所やサイズ、画像などの欠点情報をすべて正確に記録。過去の検出分は、ログリストから閲覧できます。
画像処理 独自アルゴリズムを搭載したハード処理で、人にはできない高速かつリアルタイムでの処理が可能です。
安定性 24時間連続運転を行ったとしても、常に一定の品質を保った検査が可能です。

システムイメージ

システムイメージ

フロンティアシステムのこだわり

  • コンセプトと特長
  • 技術・サポート